1. HOME
  2. 歴史
  3. 県指定 天然記念物「鵜戸千畳敷奇岩」

県指定 天然記念物「鵜戸千畳敷奇岩」

昭和8年12月5日指定

昭和8年12月5日指定

鵜戸神宮の鎮座する鵜戸崎の南面にある。
 今から約1000万年前から100万年前にかけて堆積した地層(新第3系宮崎層群)で、砂岩と泥岩が交互に堆積してできている。この地層は10度から20度傾いて日向灘に面しており、長い年月にわたって日向灘の激しい波浪や風雨にさらされ、浸食されて現在の姿となった。

 こうしてできた波状岩は別名「鬼の洗濯岩」や「鬼の洗濯板」と呼ばれ、とりわけ鵜戸千畳敷奇岩はその広さから県指定の文化財に指定された。